本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

【節約】(savings)

【朝活】元遅刻魔が朝1時間の副業の習慣化に成功した方法

はじめに

本日は【時間】の分野から、元ダメ人間の私が朝活をできるようになった具体的な方法についてご紹介させていただきます。

私は、学生時代からしょっちゅう遅刻をしており朝活とは正反対の人間でした。

私は福岡の出身なので、高校時代は朝課外という福岡の特殊文化で早朝登校を強いられていましたが、これもほとんど遅刻といった有様。(福岡の方は分かるはず笑)

社会人になって遅刻はしないもののぎりぎりまで寝ていたい派の人間だったので、8時半に出るのにも8時10分に起きて準備をする始末…。

これが1年半前の私でした。

こんな私が現在では、

【普段のスケジュール】

6:45 起床

7:00 ブログを書く

8:00 息子のおむつ替えや自身の準備

8:30 出発

1時間程度の朝活ですが、あの遅刻魔がここまでになれたのです(笑)

当時の担任の先生に見せてあげたい(笑)

こんなどうしようもない遅刻魔の私が毎朝1時間の朝活をできるようになった背景や方法について、共有していくのが本記事のテーマとなります!


本記事を読んでほしい方

・朝の時間で副業や勉強をしたい方

・朝バタバタ出勤したくない方

・習慣を上手く身に着けたい方


この記事の信ぴょう性(筆者の過去と現在)

・筆者は学生時代から遅刻を繰り返す遅刻魔だった

・なんなら遊びなどは今でも結構な遅刻をしている(1時間はざら)

・そんな私ですら、1年半ほとんど毎朝7時から1時間朝活をできている!

(飲み会の翌日はたまに時間の前後はあり….。笑)


朝活をできるようになった方法・目次


⓵自分が朝の時間何にどのくらいかけているかを正確に把握する(本当にちゃんと測る)

一つ目は、朝の行動を細かく時間計測することです。

皆様は、自分が朝のトイレにかかる時間や洗顔にかかる時間を正確に把握したことがありますか??

私は1週間計測し、トイレは8分32秒、洗顔は2分19秒が平均でした。

これになんの意味があるのかというと、人間は時間を把握する際にバイアスがかかり時間を盛って認識しがちです。

ほとんど2時間近くかかった作業を1時間ちょっとみたいな表現を使い、あくまでそんなに時間かかってないアピールする人いますよね。

そんな感じで、良い時のイメージが先行して『俺なら、5分だな!』と思っていて実際は10分かかっちゃうみたいなことがないでしょうか??

そのようなバイアスの積み重ねが、正確な時間の情報を阻害しなんか時間がたってしまっている。ということになりかねません。

加えて、スマホの時代なので、なんかスマホをいじってしまって余計時間の把握が難しくなります。

そのため、一度自身の生活スタイルのフォームの見直しを行うために、時間を図ることをおすすめいたします。

なんで、そんな面倒なことをしなくちゃいけないんだ!!とお思いかもしれません。

朝活において一番重要なのは、『継続する』ことです!

これを阻害してしまうのが、朝活の進み具合が悪かったり、起きれなかったりすると自分を責めてしまいます。これが、ネガティブな心情を生み出し⇒諦める….。という負のルートをたどらせてしまうのです。

進み具合が悪い時というのは、何か普段と違う行動をとっていたりして自身の時間の把握状況と事実にずれがあることが多いです。

このずれを把握できていれば、『今日は、トイレに想定よりも10分多く使ってしまったから作業が進まなかったのか!』のように正しい原因分析につながり、自身の能力を卑下してネガティブマインドになることなく、朝活を継続しやすくなるというわけなのです。

私の場合は、アプリを使って一週間朝の活動の時間を計測して今のスケジュールを作成しています。その為、よほど突飛な出来事がない限りは時間を大体思い通りにスケジュールの管理ができるようになりました。

1週間の間は少々面倒ですが、やってみると自身の時間認識と実際のギャップを感じることができるので、意外と面白いです!

時間の計測方法ですが、毎回ストップウォッチを使って携帯にメモしてというやり方でもOKです!

ただ、面倒なのでアプリの活用をおすすめいたします。

【おすすめのアプリ】

『TIME HACKER』です。ほかにも有料コンテンツで使いやすいのもあるのですが、今回は無料で活用できるこちらをご紹介いたします!

【使い方】

⓵最初のトップ画面の対象のアイコンを押す⇒その瞬間計測スタート

⓶あとは、対象の行為が終了したら右の再生ボタンをタップしてタイマーを止めるだけ

③以下のように日ごとに何に何分つかったかデータを集積してくれる

無料のため、週の平均などは自身で割り出さないといけません。

④トップ画面に自身の行いたい行為がない場合は、右上の+のアイコンから自身でアイコンを作成できます。

このようなアプリなど活用しながら、まずは時間計測して朝の生活のフォームチェックを実施していきましょう!


⓶朝起きてからのルーティンを書き出し、スケジュール作成

次は、先ほど自身がどの行為にどのくらい時間をかけているかを算出出来たらスケジュールを作成していきましょう。

ここでのポイントは、毎日できるようなスケジュール組みにすることです。

前章のように正確な時間が大体把握できていると自分がやりたいだけの実現可能性の低い無茶苦茶なスケジュールにはまずならないはずです。

そのデータを基に、毎日実行可能な実現性の極めて高いスケジュールをくみ上げていきましょう!

先ほど簡単なスケジュールは記載しましたが、詳細なものを再度書いていきます。

【普段のスケジュール】

6:45 ベットで起床・すぐに日経平均や仮想通貨の状況確認

6:50 白湯を作って部屋へ運んで、トイレに行く

7:00 いつもの座椅子でブログの作業開始 合間で息子のおむつ替えのフォローがある

8:00 洗面所で洗顔・髪のセット・歯磨き

8:20 玄関口でスーツに着替える・リビングで息子の着替え

8:30 出発

こんな感じになります。

ポイントは、起こすアクションと場所・時間を結びつけるということです。

いつも行為を違う場所違う時間にしてしまうことありませんか?

これは、やるべき行為をTo doリストにまとめるだけで、行為以外定めていないため、一回一回場所と順番などを考えることから始まってしまい結局まごついて自身のやりたいような日々のタスクが消化できず、結局挫折につながってしまいます。

これを防ぐために、場所と時間を毎日固定で行うことで、考えなくていいので無駄な時間を排除できます。加えて、何かいつもと違う事象が発生しても、通常の行動へ戻りやすくなります。

簡単なようですが、データをきっちりとって実際できるのかを想定しながら作成するので、思っている以上に面倒です。

その為、前章のようにアプリでデータを取って正確な時間を算出し、作業を行う場所と時間を固定する作業が朝のスケジュール管理には非常に重要です!


③朝活する環境を整える

3つ目は環境の整備です。

ここは簡単で、とにかく無駄なものは排除しましょう。

何か気がとられてしまうような要因は全て無くさないといけません。

ちょっとした雑誌や小物などもNGです。

とにかく自身の行いたいことに必要なものだけを置いて、それだけしかできない状態にしてください。

スマホを使わないといけないような朝活でなければ、特にスマホを遠ざけましょう!

一番厄介な代物です。何かあれば触ってしまっていると思います。

私の場合は、朝ブログを書くことが朝活になっているので、携帯はあまり必要ありません。

その為、携帯は会社のカバンにあらかじめ入れて携帯になるべく触れないようにしています。

加えて、広い部屋ではないので他のものがあったりして、完全に不要物を隔絶できません。

そこは、壁側を向いてものができるだけ視界に入らないようにして、パソコン・座椅子・机のみでできる限り作業するようにしています。

こうすることで、

⓵不要な情報の遮断⓶行為と場所の紐付けが行いやすいようにしています。

ここに座ったら、パソコンを開いて作業するだけ、それ以外はしないといった具合ですね。

こうするとなかなか集中が乱れにくくなったと思います。

(人間ですので、あまりにも疲れている日はさすがにですが…。)

皆様におかれましても朝活に限らず、集中部屋の作成はマストかと思います!


④できなくても絶対に自分を責めない

最後は、精神的な話ですが、何かを継続するときには絶対に必要なことです。

何か失敗しても、自分を責めるのはやめましょう

落ち込むだけで、心が病んでしまって良いことは一つもありません。

ここで私が言いたいのは、宗教的な話ではありません。

私は今16個ほど習慣化できていることがあります。この習慣化に成功させるのにあたり一番重要であったのが、やはりできなくても自分を責めないということでした。

なんで、○○ができなかったんだ。自分はダメだ…。』となってしまう方多いのではないでしょうか。

そうではなくて、悔しさは当然あれど、その悔しさを自責の念へ変化させるのではなく、何故できなかったのかという分析への衝動へ上手く変化させていくことが重要です!

その為、責めないだけではなくて、なんでできなかったのか理由を考えるようにしましょう。

そもそも人間は疲れたら休むようにできていますし、人間の構造上習慣化に向かない特性がいくつかあります。

その特性を否定するのではなく、どううまく付き合っていけるのかを考えてあげるようにしましょう。

私が習慣化の時に自身を責めない時のポイントを数点共有いたします。

【習慣化で責めないポイント】

⓵自分が悪いと考えるのではなく、俯瞰で見た他の人が行った行動としてとらえる

⇒少し瞑想と似た考えですが、自分が悪いなど感情を入れて考えず、ただただ起きてしまった出来事程度に捉える

⓶継続している習慣が途切れてしまったとしても、やっていないよりはましと考える

⇒ゲームのように経験値がたまっていく感覚で習慣をこなしていきましょう!ゲームも一度たまった経験値はなかなか減りませんよね。

③やりすぎない

⇒自分のできること=自分のやりたいこと の量がイコールになる人は世の中にはそうはいません。自身のキャパを超えないようにやりたい気持ちを抑えて、適正な量を探す必要あり

⇒経験値は一度たまれば普通は減りませんが、パワプロのようにけがをしたら、経験値減るのは人間も同じですから無理が禁物。心をケガしたら、やらない習慣となりバットループ入り確定です…。

私は、この考え方に行き着いて様々な習慣を作ることができました。

できない日は、なんでできなかったのか分析して、『じゃあ、しょうがないか、今度は他のやり方をやってみよう!』と責めずに受け入れることで意欲も湧いてきますので、

皆様におかれましても、自分を責めずに大切にして習慣化マスターになっていただきたく存じます。


まとめ

⓵自分が朝の時間何にどのくらいかけているかを正確に把握する(本当にちゃんと図る)

⇒アプリなどを活用し、自身のバイアスがかかっていない等身大の行動時間を把握する

⓶朝起きてからのルーティンを書き出し、スケジュール作成

⇒正確な行動時間を基に、行動と時間と場所をすべて紐付けてスケジュールを作成

③朝活する環境を整える

⇒すべきこと以外に何もできなくなるような仕組みにするため、不要なものの徹底排除をする(特にスマホ)

④できなくても絶対に自分を責めない

⇒⑴俯瞰で見る⑵経験値がたまっている感覚を持つ⑶やりすぎない

ことで、心のケアをしながら安全に習慣化を実施しよう!


さいごに

すべて簡単なことのようで非常に難しいのが習慣化です。

一つ一つの行為自体が簡単なので、簡単にできると思い、できないとき自分を責めて自分にはできないと判断し、しなくなります。

今回の記事でそういった悪循環の方に、自身の人間としての性と向き合いながら習慣化は可能であるとお伝えしたかったので、書いてみた記事になります。

習慣化で私は本当に人生が変わりました。人生がいい方向へ向かっている感覚です。

私ですらこの感覚になれたので、この感覚にまだ至れていない人は騙されたと思って、この記事の行為を実践してみてください!!

ABOUT ME
takahasitakasi
①たかはしん情報⇒ ✅たかはしん=高橋隆 ✅福岡出身。 ✅Fランク大学卒。 ✅1児の父 ✅酒をこよなく愛する ✅一部上場企業で7年ほど勤続中。⇒もう少しで管理職をさせられそう......。 ✅もともとかなりのダメ人間。お金や時間などについて勉強した結果、 1年半ほどで資産0円⇒資産200万円達成! ✅2023年は、500万円をまずは目標に、米国株・日本株・積立NISA【オルカン/S&P500】・仮想通貨中心に投資活動を行う。 ✅投資7年、ブログ1か月、ライティング4か月の経験あり。 ⓶このブログの運営目的 ⑴長期投資と節約で普通のサラリーマンがお金持ちになっていく様を共有するブログです。 ⑵現役サラリーマンだから発信できるような共感性の高い内容や投資知識・節約方法などを皆様に共有させていただきたい!