本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

インド経済ニュース&投資・節約日記

12/15週のインド株・インド経済ニュースまとめ→インド株バブルに備えよう!!

▶本記事の趣旨

現役サラリーマンたかはしんの

今週直近の気になったインド経済やインド株関連のニュースなどについて

共有する記事となっています。


※本記事は、投資を強く推奨するものではございません。投資は元本割れのリスクがございます。あくまで投資判断は自己責任でお願い申し上げます。


▶目次


今週の注目インド株・インド経済ニュース


▶①日本企業への有望な進出先調査→インドは首位!

NHKニュースの報道によると、海外に進出している日本の製造業系の企業を対象に毎年実施している、今後の有望な海外の進出先を尋ねるという調査を今年も国際協力銀行が行った結果、インドが2年連続で首位を獲得したとのことです。(回答企業数は、534社)

一方、中国は3位に下落し、1992年の調査開始以来最も低い順位になったとのことです。

引用元:NHKNEWS
URL:日本企業に今後の有望な進出先を調査 インド2年連続首位 中国は3位に | NHK | インド
引用日:2023年12月17日

ちなみに首位の「インド」の回答の割合は48.6%であったとのことです。

ほぼ過半数を獲得できていますね。

インドを選んだ企業のうち、すでに新規の事業や追加投資の計画があると回答した企業の割合も45.8%と、この項目の調査を始めた2003年以来、最も高い結果になっています。

この理由として最も多かったのが「市場の成長性」です。

当ブログでも再三お伝えしてきておりますが、

インドの成長性を感じさせるのは大きく以下2点

⑴人口増加→単純な内需の増加と生産年齢人口の増加による人口ボーナス

⑵モディ政権下における「メイクインインディア」や「スマートシティ」

「デジタルインディア」などのような国策を多数展開。

 →製造業の強化やインフラの強化を急ピッチで行っている

以上のような、ポイントに恐らく各企業注目して、成長性を信じて投資計画を立案しているものかと思われます。

引用元:NHK NEWS
URL:日本企業に今後の有望な進出先を調査 インド2年連続首位 中国は3位に | NHK | インド
引用日:2023年12月17日

今回の調査結果で明らかに見られたのは、

調査結果での要点

①インドへの様々な面でのポテンシャルを感じている企業が急増してきている

②米中問題などから明らかな脱中国の流れが見られており、そこも追い風になる形でインドなどの他の新興国への進出が目立ってきている

以上のポイントを踏まえながら、期待はできるとはいえ、

まだまだ成長途中のインドの政策やインフラ改善状況の進捗を確認することを怠らずに、インド経済を見ていく必要がありますね!

参考:日本企業に今後の有望な進出先を調査 インド2年連続首位 中国は3位に | NHK | インド

▶②キッコーマンインドでの販路拡大中

NHKニュースの報道によると、あの醤油メーカーでおなじみ「キッコーマン」もインドへの進出を強めてきているとのことでした。

キッコーマンでは、国内では人口の減少などで販売を伸ばすことが難しくなっていると判断し、新たな需要を獲得しようと、アメリカやカナダなどの北米をはじめ、ヨーロッパなどでの販売に力を入れてきています。

2023年11月2日に発表された、キッコーマンの第二四半期の決算説明資料を基にすると、

▶2023年売上収益比較

売上収益売上高売上高構成比前年比
国内79124.3%100.7%
海外2,46575.7%107.5%
【金額単位:億円】
2023年11月2日キッコーマン第ニ四半期決算説明資料より 筆者作成

8割弱が海外での売り上げとなっているのです。日本のしょうゆはやはり世界に通用するのですね!

こうした背景もあり、キッコーマンが注目したのはインドです。

今後、市場のさらなる拡大が見込まれ、大きなチャンスがあるとして、インドへの進出を決めたようです。

日本国内の工場で製造されたしょうゆがインドに輸出されていて、味などは日本で流通しているものと同じです。

同記事によりますと、インドではインド人の好みに合わせてアレンジされた「インド中華」と呼ばれる料理が家庭の味として定着していて、これに使う調味料としてしょうゆが受け入れられる可能性があると分析されています。

本当においしいものをトレンドに合わせてブランディングしていく形になっているようですね。

同社では、インドでのしょうゆの販売事業を軌道に乗せて、2029年までに売り上げが毎年10%以上伸びる状況を創出していきたい狙いがあるとのことです。

製造業ばかりがインドの進出時フィーチャーされる中で、個人的には思わぬ伏兵がきた印象で興味深かったので取り上げてみました。

こういったキッコーマンのような形で、本当に良いものを上手くブランディングしていくことでとてつもなく大きなインドという市場に食い込んでくる企業はますます増えていくのではないでしょうか。

参考:日本企業に今後の有望な進出先を調査 インド2年連続首位 中国は3位に | NHK | インド

▶③東レもインドでの生産を開始!

東レ・インディアは10月31日、インド南部アンドラ・プラデシュ州のスリ・シティ工業団地の工場で、高性能エアフィルター製品を生産開始したと、JETROの記事で報じられました。

今回新設した工場は、インドで初めて高性能フィルターのろ材用不織布から最終製品の組み立てまでを一貫生産する拠点となり、今後、空気清浄機、自動車、エアコン、空調用など多岐にわたるエアフィルター製品を生産供給していく計画とみられています。

東レ・インディアが生産拠点を新設した背景として、インド国内で非常に大きな課題となっている大気汚染問題にアプローチしたい狙い、また、その大気汚染に付随して健康・環境意識にまで目を向ける余裕のあるような富裕層や上位中間層などは増加傾向にあるとみられておりそういった層にリーチさせたいものと考えられます。

エアコン普及率が5~7%程度であるインドにおいて、地域によっては45度近い気温に達することもあったり、寒い時は10度を下回る地域もあったりします。

エアコンを使った方が人々の生活が豊かになることは明白でありますし、インドの気候は、普及率の側面からみても可能性は大いにありそうです。

引用元:Weather Spark
URL:インドの気候、月別の気象、平均気温 – Weather Spark
引用日:2023年12月17日

また、東レグループとしては、2012年から中国でエアフィルター用不織布を生産しており、インドは世界で2カ所目の生産拠点となるとのこと。

インドと中国の2カ国でエアフィルター製品の生産が可能になったことで、ASEANなどの各国での需要に対しても、スムーズに対応していけるようになるとみられます。

今後も同社がどのように、生産のハブを中国からさらにインドへ移していき、インドでの生産強化をしていくのか、また、他の企業もさらにインドへ生産拠点を移していくのかに注目していきましょう。

今回の東レの記事をまとめると、

①インドは大気汚染国全体の課題である

②東レは空気清浄機やエアコンのフィルターなどインドで生産していく予定

→インドの課題と自社の強みが合致している

③エアコンなどは、寒暖差の大きいインドでは多くのニーズを満たすことができる可能性があり、富裕層や上位・中位層から販売可能性があるかも

④今後東レは中国からインドへ生産拠点をさらに拡大していくのか、これが成功例となって他の企業の呼び水になっていくのかに注目必要

参考:東レ、インド南部で高性能フィルターの一貫生産開始(インド、日本) | ビジネス短信 ―ジェトロの海外ニュース – ジェトロ (jetro.go.jp)

インド株にご興味ある方は、インド株の魅力やデメリットについて書いた記事もございますので、そちらも是非ご覧ください!!

インド株投資の成長性とリスク|長期投資×節約で大金持ちに俺はなる!byたかはしん (takahasi-takasi-blog.com)

筆者について

アイコン名を入力

こんにちは!たかはしんと申します。

以下が私についてのプロフィールとXです。

よろしければ、フォローお願いいたします!!

(12) たかはしん@長期投資・節約・ブログ (@takahashin3150) / X (twitter.com)

✅福岡出身。

✅たかはしん=高橋隆

✅Fランク大学卒。

✅1児の父

✅酒をこよなく愛する

✅一部上場企業で7年ほど勤続中。⇒もう少しで管理職をさせられそう……。

✅もともとかなりのダメ人間。お金や時間などについて勉強した結果、

1年半ほどで資産0円⇒資産200万円達成!

✅2023年は、500万円をまずは目標に、米国株・日本株・積立NISA【オルカン/S&P500】・仮想通貨中心に投資活動を行う。

✅投資7年、ブログ4か月、ライティング4か月の経験あり。

長期投資について色々な記事ご用意しております。ぜひこちらも御覧くださいませ。

インド株投資の成長性とリスク|長期投資×節約で大金持ちに俺はなる!byたかはしん (takahasi-takasi-blog.com)

投資初心者必見!2024年の新NISAでおすすめ投資信託3選 一部インド株も紹介!|長期投資×節約で大金持ちに俺はなる!byたかはしん (takahasi-takasi-blog.com)

現役サラリーマンが語る投資失敗例とほったらかし投資おすすすめ理由とその方法について|長期投資×節約で大金持ちに俺はなる!byたかはしん (takahasi-takasi-blog.com)

現役サラリーマンが考える長期投資のメリットと失敗しない方法について|長期投資×節約で大金持ちに俺はなる!byたかはしん (takahasi-ta

ABOUT ME
takahasitakasi
①たかはしん情報⇒ ✅たかはしん=高橋隆 ✅福岡出身。 ✅Fランク大学卒。 ✅1児の父 ✅酒をこよなく愛する ✅一部上場企業で7年ほど勤続中。⇒もう少しで管理職をさせられそう......。 ✅もともとかなりのダメ人間。お金や時間などについて勉強した結果、 1年半ほどで資産0円⇒資産200万円達成! ✅2023年は、500万円をまずは目標に、米国株・日本株・積立NISA【オルカン/S&P500】・仮想通貨中心に投資活動を行う。 ✅投資7年、ブログ1か月、ライティング4か月の経験あり。 ⓶このブログの運営目的 ⑴長期投資と節約で普通のサラリーマンがお金持ちになっていく様を共有するブログです。 ⑵現役サラリーマンだから発信できるような共感性の高い内容や投資知識・節約方法などを皆様に共有させていただきたい!